お金を借りる旦那に困っているときの対処法

お金が必要23

金融機関からお金を借りるのが当たり前になっている旦那は、将来的に返済できない借金を作ってしまう可能性があります。夫婦生活における旦那の借金は家族にも負担をかけるため、早急にやめさせる必要があります。借金をすると他人に迷惑をかけると認識させるためにも、妻が手助けをしてはいけません。

特に遊びで作った借金問題は、すべて本人に解決させる必要があります。

旦那の借金が発覚した場合の対処法は

お金が必要24

旦那がお金を借りているのを知っていても、家族に迷惑をかけていない状況なら黙っておくのもありです。

悪徳業者から借りるのはもちろんいけませんが、消費者金融や銀行からなら借りている方は少なくありません。かつてはキャッシングやカードローンと言えばネガティブなイメージを持たれたものですが、今や銀行の主力商品でもあります。

返せる範囲で個人的に借りる分にはまったく問題はないのです。ただし小遣いを増やしてほしいなどと旦那が言ってきた場合は、借金のことを問いただしてみるのはありです。例えば小遣いが少なくて借金をしないといけないと旦那が言ってきたら、小遣いをいくらに設定すれば借金が不要になるのか質問してみます。

相手に借金癖がついている場合、小遣いをどんなに増やしても借金はやめないでしょう。安易にお金を渡してしまうことは、現状をさらに悪くしてしまうだけです。旦那の借金が家計に影響しているなら、債務整理を検討するように話してみるのもいいです。

妻がお金を出してあげる行為は焼け石に水にしかならず、家計の状況をさらに悪化させることになります。借金は借りた人が責任を持って解決するべき問題であり、周りが手助けするのは本人のためにもなりません。

遊興費・ギャンブルの借金には特に注意

当て逃げされてクルマが凹んでしまった、財布を落として給料日までお金がない、などの状況で借金をするのは悪いとは言えません。借金で気をつけるべきは遊興費やギャンブル費用調達のために借りることです。遊び目的のために金融機関からお金を借りることが習慣化している旦那には、すぐにやめるように強く言いましょう。

趣味・娯楽は自分のお金の範囲で行うべき必要があり、遊ぶために借金をする人は多重債務に陥りやすいです。借金返済に行き詰ったときに役立つのが自己破産ですが、遊び目的の借金は免責がおりない可能性があります。夫婦生活を営んでいる以上、旦那の借金は他人事ではありません。

借金返済は借り手の義務であり、たった1日と言えども延滞すると遅延損害金というペナルティがきます。借りる癖がついている人は、支払うべきお金に優先順位をつけてしまうことが多々あります。例えば家賃・光熱費の支払いがあるので、借金の返済はできないなどと理由をつけてしまうのです。

しかし債権者側にとってこれらはすべて言い訳でしかありません。早急に返済をするように催促されますし、具体的な返済日についても問いただされます。旦那が頻繁にお金を借りるようなら、妻から思い切って離婚の話を持ち出すことも考えましょう。

分不相応の贅沢をしている旦那には注意

収入に対して明らかに贅沢をしていると思われる場合は借金をしている確率が高いです。稼いでいる以上の贅沢をしようと思えば、借金をする以外に現実的な方法はありません。旦那が頻繁にクルマの改造をしたり、毎日のように飲み歩いていたりするなら、キャッシングから借りている可能性があります。

用途不問で借りることができるローンは意外と少なく、キャッシングやフリーローンなどに限定されます。借金癖のついている人はカードで借りるキャッシングを利用しているケースが多いです。これはカードローンと言われており、コンビニATMで早朝・深夜を問わずに利用できるのが特徴です。

キャッシングの怖いところは段階的に限度枠が増額されていくことでしょう。最初は軽い気持ちで10万円だけ借りたのを機に、限度枠の増額を何度も受けて数年で100万円に達したなどの話はめずらしくありません。

当初は小遣いで返済をしていても、いずれ小遣いだけでカバーできなくなるはずです。借金の傷口を広げないためには早期の対策が必要なので、旦那が贅沢をしすぎていると感じる場合は借金をしていないか確認してみるのもありです。

関連:未成年がお金を借りる方法

借金癖のある旦那にはクレジットカードも要注意

お金が必要29

クレジットカードはローンではないから大丈夫と考えている方が多いですが、ローンに極めて似た性質を持っています。リボ払いにすれば毎月定額の支払いが必要となるのでローンと変わりません。旦那に借金癖がある場合は、クレジットカードを渡さないほうが無難です。

カードで買い物をしてリボ払いにされると、利用額に加えて利息が発生します。支払いを延滞したら催促を受けますし、個人信用情報機関にも登録されます。またクレジットカードで買い物をする人は、一括払いを選んでいても消費が増えると言われているのです。

現金がなくても買い物ができるため、気持ちが大きくなってしまうのでしょう。最近のクレジットカードにはキャッシング機能が付帯されたものが増えています。旦那が消費者金融や銀行から借りていなくても、クレジットカードで借金をしているケースはあるのです。

お金を借りることが習慣化している旦那には、カード類は一切持たせないのが得策です。現金払いを徹底させることが借金をさせないコツと言えます。

現金払いなら利息は発生しませんし、買い物依存に陥りにくいメリットもあります。

関連:銀行以外でもお金を借りる方法は色々ある

お金を借りる旦那に同情してはいけない

家計に影響を与えるほどの借金をする旦那は、思い切って突き放すのが得策です。少しでも同情すると借金をしても許されると思って、再び借りるケースが多いです。そもそも借金癖が身についている人は、延滞することに罪悪感がないケースが目立ちます。

旦那の借金は旦那自身が解決するのが筋であり、妻が借金返済を代行する必要はありません。もし借金の肩代わりをしてから離婚するような状況になっても、1円も戻ってこないと考えてよいです。

借金の延滞をしている旦那に借金のリスクを教えるためには、債務整理をさせるのが一番の得策です。債務整理をすれば少なくとも5年間はローン契約ができないので、否応なしに現金で生活するしかなくなります。現金生活に慣れることが借金をしない一番のポイントです。

収入の範囲内で生活する術を身につけておけば、効率よく貯金することも可能になります。

ある程度の貯金を確保しておけば、急な出費に迫られても借金をしなくて済むでしょう。