銀行以外でもお金を借りる方法は色々ある

お金が必要13

銀行でお金を借りるメリットは何といっても利息が安いことですが、その分審査も厳しいため、申し込んでもお金を借りられない場合があります。しかし、どうしてもすぐにお金が必要な場合や、まとまったお金が必要な場合はそれでは困ってしまうでしょう。

ですのでここでは、銀行以外でお金を借りる方法について分かりやすく紹介します。

クレジットカードのキャッシング枠

銀行以外でお金を借りる方法としてまず挙げられるのは、クレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法でしょう。クレジットカードには、キャッシング枠という現金を借りられる機能が付いている場合が多いため、その限度額以内であればお金を借りることが出来ます。

一般的には、申し込みの際にキャッシング枠を不要としなければ、20万円~60万円程度の限度額が年収に応じて設定されている場合が多いと言えるでしょう。そして審査に関しては、クレジットカードの申し込みを行った時点で済んでいるため、お金を借りる際に改めて審査を行う必要はありません。

ですので、キャッシング枠付きのクレジットカードさえ持っていれば、特別な手続きの必要もなくコンビニのATMなどから気軽にお金を借りることが出来るでしょう。

キャッシング枠でお金を借りた場合の返済については、ショッピング枠を利用した代金と一緒に請求されることになります。

なので、返済をする際に特別な方法が必要になるということもないと言えるでしょう。

消費者金融

銀行以外でお金を借りたい時、クレジットカードを持っていない場合などに便利なのが消費者金融でしょう。大手の消費者金融業者であれば、ネットや無人契約機での申し込みが可能ですし、土日祝日であってもお金を借りることが出来る場合があります。

無人契約機であれば、22時あたりまで稼働しているため、急にお金が必要になった場合にも便利だと言えるでしょう。申し込みから審査、そして融資までの時間については、業者によって最短で1時間という場合や最短で即日という場合があります。

無人契約機の場合は、審査が完了すればその場でお金を借りることが出来て便利ですが、行くのが面倒だという場合などはネットでの申し込みが便利でしょう。

ネットで申し込んだ場合は、本人の銀行口座へ振り込まれるという形で融資されるため、後は銀行のATMなどからお金を引き出すだけで済みます。そしてネットでの申し込みは24時間受け付けている場合が多いため、申し込みだけであれば深夜に行うことも可能です。

しかし多くの場合、即日での審査回答は22時までとなっているため、その点は注意しておく必要があるでしょう。また消費者金融というと、マイナスのイメージを持っている人も少なくないようですが、最近では顧客対応も銀行並みに良くなっていると言われているため、その点は安心出来ると言えます。

そして消費者金融の利息は、銀行よりも多少高くなってしまいますが、その分、審査に関しては銀行よりも通りやすい傾向にあると言われているため、銀行の審査に落ちた場合でも利用出来る場合が多いと言えるでしょう。さらに消費者金融の場合は、初回会員に対して30日間無利息で利用出来るサービスを行っているケースあるため、そうしたとところであれば、利息の負担をすることなくお金を借りることも可能です。

質屋

品物を預けることでお金を借りる方法としては、質屋を利用するという方法があります。高級腕時計やアクセサリー、そしてブランド物のバッグといった換金価値の高そうなものを預けると、その価値に見合った金額のお金を借りることが出来るのです。

融資を受けられる期限は原則として3カ月であり、その期限内に融資してもらった元金と利息を支払うことが出来れば、預けた品物を返してもらうことが出来ます。しかし期限内にお金を返すことが出来なかった場合、預けた品物は質屋のものになってしまいます。

ですので、その場合は基本的に品物を取り戻すことは出来なくなるのですが、同時に借金を返済する必要もなくなるため、借金が残る心配はありません。質屋で借りることが出来る金額は、品物の評価額によって異なりますし、一般的には評価額の50~60%程度の金額が融資可能な額になるでしょう。

ですので、例えば質に出した高級腕時計の評価額が10万円だった場合は、5万~6万円程度の融資が受けられるということになります。

そして質屋の利用は、高校生を除く18歳以上であれば誰でも可能ですし、金融機関で融資を受ける場合のように審査もないため、いわゆるブラックリストに載っている場合でも問題ありません。ただし質屋の場合は、返済を催促する電話などがかかってくるわけではないため、品物を返してもらえる3カ月という期限を忘れないようにすることが重要だと言えるでしょう。

自動車担保ローン

品物を預ける方法としては、質屋以外にも自動車担保ローンと呼ばれるものがあります。こちらの方法は、文字通り自動車を担保にしてお金を借りるというものであり、自動車を持っている人であれば利用することが可能です。

そして自動車担保ローンでは、自動車を預ける場合もありますが、普段通りに自動車を利用ながら融資を受けられる場合もあります。ですので、自動車を利用しながら出来る場合であれば、日常生活に支障をきたすことなく融資を受けることも可能でしょう。

しかし自動車担保ローンでは、当然のことながら返済が出来なければ車を差し押さえられしまうため、その点のリスクも考慮した上で利用する必要があります。

関連:飲み会のためにお金を借りるってアリ?飲み会とキャッシングとの付き合い方とは

生命保険の契約者貸付制度

生命保険に加入している人は多くいますが、その保険に解約返戻金特約が付いている場合であれば、契約者貸付制度と呼ばれるものを利用してお金を借りることが可能です。利用出来る金額は、解約返戻金の額によりますし、実際に借りることが出来る金額はその80~90%以内だとされています。

契約者貸付制度は、返済期間が決まっていないため自分の都合に応じて返済出来ることや、金融機関の信用情報を調べられることもないため、ブラックリストに載っている場合でも利用出来るというメリットがあります。ただしいつまでも返済しないでおくと、借りたお金と利息分が解約返戻金を超えた場合に、生命保険自体が解約されてしまうこともあるため、注意しておく必要があるでしょう。

関連:お金を借りる旦那に困っているときの対処法

参考情報-なんどでも!1週間無利息のカードローン【ノーローン公式】